FEATURE

特集記事

徹底した⾼⾳質へのこだわりをキーマンが語る

ライブ⾳楽配信「MUSIC/SLASH」の
⾼⾳質を⽀える技術とは?

取材記事提供元:PHILE WEB(インタビュアー:岩井 喬/写真:井上良⼀/構成:編集部)


■ここまで徹底している配信プラットフォームは他にない

佐藤︓手前味噌ですが、正直ここまでしている配信プラットフォームは他にないと思います。だからこそ音質が違うって自信を持っていえるんです。

岩井︓普通、配信はライブイベントの“ついで”になっていることが多いですもんね。

佐藤︓そうなんですよね。でも私たちにとって配信はライブイベントと並列なんです。リハーサルスタジオにも通いますし(笑)。

⾕⽥︓配信だから1日2日で終わるというわけではなく、前持ってアーティストのリハーサルにも通います。だからミックスのクオリティが上がるのも当然ですし、そうなるように自分たちも手間をかけてやっています。

配信は、エンタメの新たな楽しみ方のひとつであり、新しいステージです。ライブイベントの“ついで”という考えだと“まぁこんなもんでいいか”となる。でも、配信しか聴けなかったリスナーにとっては、その“まぁこんなもんでいいか”が、100%のコンテンツとなるんです。それでは、結果としてアーティストは自分のパフォーマンスを安売りしていることになってしまいます。

これはコロナ禍の今はもちろんですし、収束したその先もそうだと思うんですが、会場にいけない、配信でしか聴けないリスナーは、耳に全神経を集中させて聴くようになる。だからこそ、千葉さんのようなオペレーターの存在、高音質配信のプラットフォームが大切になってくるのだと思います。本番までの時間やリハーサル中はもちろんですが、本番中でも千葉さんに細やかなことでもいつもオーダーを伝えて、少しでも良い音でリスナーに届けられるようにしています。

千葉︓オペレーターは、“武道館の客席であれば音はこう聴こえる”といった感じで、会場の音のイメージを持っており、配信用のミックスであっても、会場の雰囲気を感じられるようなミックスを心がけています。あと、谷田さんの聞こえ方に対するこだわりもかなりあるので、その辺りを踏まえてミックスをしています。なのでエムスラの配信を聴いて、そうした部分が少しでも伝わったら嬉しいですね。

岩井︓配信用ミックスのクオリティが、会場用ミックスと同じ方向性、熱量を伝えるバランスとなっていることが、ライブと地続きのダイレクト感を生み出しているのですね。エムスラの取り組みは、そこが従来の配信プラットフォームと大きく違っているポイントだと感じました。本日はありがとうございました。