FEATURE

特集記事

徹底した⾼⾳質へのこだわりをキーマンが語る

ライブ⾳楽配信「MUSIC/SLASH」の
⾼⾳質を⽀える技術とは?

取材記事提供元:PHILE WEB(インタビュアー:岩井 喬/写真:井上良⼀/構成:編集部)


■配信用のミックスは、リスナーの視聴環境まで考慮し実施

岩井︓配信中の音は、どのように確認しているのですか? また映像系の流れはどんな感じになっているのでしょうか?

⾕⽥︓エンコーダーでエンコードした音を、ノートPCに配信してヘッドホンで確認しています。3.5mmステレオミニ接続の普通のヘッドホンです。千葉さんがミックスして送り出してくれた音や、ヘッドホンアンプを通した音ももちろん確認しますが、もっとも多くの方が聴いているであろうスタンダードクオリティの音に対して、リアルタイムで調整をかけていくようにしています。

佐藤︓映像系は、収録チームのカメラのスイッチアウトがくるので、基本的には、それをモニタリングしながら音と合わせていくだけですね。ただ映像と音を合わせる時に、リップシンクがずれてくる場合があるので、それを調整しています。

配信コンテンツの映像パートを担当するのが、佐藤信三⽒。映像のリップシンク調整(映像の⼝の動きと⾳声がズレないように合わせる)を⾏っている

岩井︓会場用のミックスと、配信用のミックスでは、エフェクトのかけ方が変わってくると思うのですが、その辺りはどのように処理をされているのですか?

千葉︓会場用のミックスは、配信用よりもタイトに調整することが多いと思います。配信用くらい上も出したり下も出してしまうと、低音高音の制御がきかなくなってしまうので、会場に合わせてベースやバスドラムをタイトな音にしたり、残響が少ない会場だとエフェクトも、過剰にかけないと効果が出ない場合もあります。

一方、配信用の場合は、低音もしっかり聴こえないと形にならないし、リスナーがどういう方法で聞いているのかも考えなくてはならない。会場に合わせたミックスにしたら、ヘッドホンで聞いている方はシャリシャリした音や、こもった音に聴こえてしまいます。なので配信用のミックスは、低音を大事にしつつ、ボーカルなども息遣いまで聞こえるよう綺麗に出すよう心掛けています。

配信⽤機材⼀式。配信中の⾳の確認は、中央にあるノートPCに接続したヘッドホンで⾏う。⼀般家庭のリスナーを想定し、⼀般的なPCとヘッドホンでリアルタイムに確認することが重要だと考えている

あと、会場だとスピーカーは基本的にステージの両サイド、リスナーの正面にあるので、そこまで定位をつけられないんです。配信の場合はヘッドホンやテレビなどで聴いている場合が多いと思いますので、多少の色付けも含め、定位をより際立てたりはしますね。


■使用機材の選定や変更は、ケーブル1本でも検証を徹底

岩井︓配信用のシステムを構築する時に、心掛けていること、こだわられているポイントなどはありますか?

⾕⽥︓(当然デジタル配信なので)基本的にデジタル機器で組むということですね。ケーブルも、どうしてもアナログケーブルを使わなければならない場合は、極力コンパクトに短く。引き回しは絶対にデジタルケーブル。それをルールとして決めてやっています。

エムスラのクオリティを⽀えるキーマン3⼈が、次の配信のために今⽇も⾳質のブラッシュアップを続ける

これまで様々な配信を参考にしてきましたが、中にはノイズがひどいものもあって…。僕らもエムスラ立ち上げ当初は探り探りでしたが、リスナーは高音質配信サービスなんだから高音質だと思って聴いている。なのでノイズの原因、高音質の妨げになる要素を一個ずつ潰しながらやっています。

佐藤︓今日行っている検証もそうですが、例えばケーブル1本新しいものに変えた場合でも、スタジオで検聴して、エンジニアと相談、検討を重ね、クオリティを確認してからでないと現場に導入しません。もう儀式のようなものですね(笑)。

⾕⽥︓ケーブル1本変えただけでも、それで音が変わってしまうことがあるので。なので、今使っているシステムは、その儀式を無事に通過した機材のみで構成されています。

岩井︓電源関係はどうですか? あとエンコーダーもオリジナルのものを使用されていると聞きました。

佐藤︓電源関係はUPS(無停電電源装置)を入れています。徹底して電源周りも強化していきたいと考えていますが、今は取り急ぎUPSで切り離してやっているという状態。配信なんで電源が落ちてしまうとどうしようもないので、UPSをかけ担保している感じです。

オリジナルのエンコーダー。ベースモデルはメディアエッジの2ch対応オールインワン ストリーミングエンコーダー「SC6D0N1 AIO」だが、中⾝は特別チューニングを⾏った独⾃仕様だ

⾕⽥︓エンコーダーは、メディアエッジさんの「SC6D0N1 AIO」という市販品のモデルをベースにしていますが、中身はエムスラ用に特別チューニングを行った特別仕様です。エンコーダーだけでなく、ケーブルも含めて、市販品にないものは特注したりチューニングをしたり、かなりこだわってやっています。